太陽が浮かんで沈むような

何でもないような日々が今の宝物なんだ

 

子供の頃にはそれなりに馬鹿げた夢くらいあって

凸凹道で追いかけてみたけど運命はイタズラ好きで

靴紐ほつれ 転んでしまって 走り方忘れて

縞々道にいつしか頼りきり 向かうのは「ただいま。」の場所

 

全てをなくしちゃったみたいな

瞬間はとても怖かったが次第に

無事に呼吸をして君がいるだけが

こんなに幸せと気付いた

 

太陽が浮かんで沈むような

なんでもないような日々が今の宝物で

新月と満月を繰り返す末永い年月を

君と笑うことが今の夢

 

太陽が浮かんで沈むような

なんでもないような日々が今の宝物で

新月と満月を繰り返す末永い年月を

君と笑うことが今の夢